全記事

その場で「できるか」(勉強も仕事も)

更新日:

村山は、塾の仕事をする前に営業職を経験しています。22歳から27歳ぐらいまでの頃です。

((元々は学校の先生になりたかったのですが)先生になるにあたり、社会の事も知らずに「お前ら社会に出たらな」と言うような先生になりたくなかったので、社会経験を積んでから学校の先生になろう!と決めました。また、一般的な社会経験と言えば、企業勤めでしょうし、その中でも、もっとも「なりたくない営業職」を経験しておくべきと思い働きました。そしてその後、学校の先生になる前に働いた塾が天職となりました)

 

その際、社長と一緒に仕事をしたのですが、

最初に教わったことが、

「村山君、いいですか。仕事ができるようになるためにはスピードです。あれこれ言う前に、その場でできる事をする人は仕事ができる人。口ばっかりで行動が伴わず、時間がかかる人が、仕事ができない人です」と言われました。

 

社長は、人生経験も豊富だし、仕事もわかっているから「早い」んだろ?新人の僕にはなかなか難しいのではないかと、どこかで思っていたのでしょう。

 

「社長!○○の件、どうしましょう」

質問した僕に、社長はその場で電話して、相手から回答を得ました。

 

「こういう事です。自分で、その場でできる事を、即座に行わない人が仕事ができない人。仕事の中身のできるできないを言っているのではないよ。できることがあって、自分でやろうと思えばできる事なのに、やらない人、やれない人が仕事ができない人。君はまだ若いから大丈夫。でもね、意識して、今できる事はその場で済ますというのが、仕事のできる人への第一歩ですね」

 

それから僕は、その場でできる事を可能な限り、その場で済ますよう心掛けています。

 

もちろん人間なので、忘れたり、していない時もあります。

しかし、あーだこーだと言っている間に、電話したり、相手に聞いてしまったり、その場で調べたりして「やってしまえばいいやん」と思っています。仕事ができる人に近づきたい。そうなりたいという思いで日々仕事に取り組んでいます。

 

 

塾で子供たちを教えていますが、

勉強が苦手な子は、「おそい」です。その場で書かないです。後回しにして忘れます。そして、「できないのじゃなくて、やっていないだけ」という場合が多いです。

 

その場でできる事を、すぐにやる。

それだけで、(勉強・仕事が)「できる人」への第一歩を歩むことになると思います。

 

 

-全記事

Copyright© 学びを結果に変える.com(子供版) , 2020 All Rights Reserved.