全記事 教育・受験

学ぶ人は、変えてゆく人だ。

投稿日:

(なあ、自分さあ、上手くいってるんやったらええんやで。自分の思った通りにやったらええ。だって結果出てるんやから。でもな、結果が伴ってない、評価されない、テストで点数が取れてないのに、変わらないんは傲慢なんとちゃうかなぁ)

 

僕も生徒達にしっかりと話すようにしています。

「結果を出していない者がリーダーで、決定権者で結果が出るわけがないよ。謙虚に”はい!”って言って、まずはカエル先生の指示に従ってやってみようか。その中から、何かがつかめてくるよ」

 

たくさんの子供達を指導していて思うのは、大人も同じですが、変化することが怖いのです。

今の習慣にどっぷりつかっている方が楽で良い。

意識はしていないのかもしれませんが、僕を含め、人は普通そうなのです。でもね、普通ってことが良かった時代は終わりました。

普通って平均ってこと。みんながする失敗を、同じようにするってこと、そしてみんなと同じで、「君がいる意味は?」と問われたら、何も返事できない状況ってこと。みんなと同じを目指したことが、昔の時代には合っていたんだと思うけど、今の世界には合っていなくて日本の凋落ぶりにつながっているのではないか?と僕は思っているぐらいです。

そして、

「いや。。。そう言われても僕には無理っす」

「私は、村山先生と違うんで。。。」と言われちゃいます。

 

 

いやいや、違っていていいんだよ。

同じ方法でなくてもいいんだよ。ただ、「今のままで変化せず、そのままなのは、ただのサボりじゃないの?」と思うのです。じゃあ、自分なりの変化を果敢に行動に起こそうよ(敢動:かんどう)。

「ごめんね。いつも一生懸命で、変化を強いられて、努力を強制されるのって疲れるね。たまには休もうか。でもね、いつも休んで変化を拒んでいたら、ゆでガエルになるよ」

 

 

医学博士の養老孟司さんも言っていたのが印象に残っています。

「変わっていくこと、それが学ぶということ。知るということです。自分が変わっていなかったら、何も学んでいないと思えばいい。」

 

僕は、人生を変えてくれるような人(カエル先生)について、子供達から、「どんな人がカエル先生なの?」と聞かれたら、こう答えます。

「お父さん、お母さんを見てごらん。家を買ったり、車を買ったり、どこかに連れて行ってくれたり変化してるでしょう?そりゃあ、贅沢はできないかもしれないし、仕事を変わって苦労している場合もあるかもしれないけど、でもね、3年前、5年前と比較して、変わっていない人はカエル先生じゃないと思う。もちろん、おじいちゃんや、おばあちゃんのように、もう変化する必要もなく、長生きして人生を楽しんでくれたらいいって人は別だよ=高齢者の中にも、バリバリ変化している凄い人もいますが。いい若い者が変化してないなんて学んでないんじゃないかな?君たちだって3年も経ったら、高校生や大学生になって変化しているよ。3年前と比べて変化がない、変化があまり感じられないって思う大人に魅力があるとは思えないなあ。そして魅力がなく、自らも変化していない人に、他人の未来を変える力があるのかな?それって自分の人生を生きているってことなのかな?って先生は思っています。(僕の塾)学志館も変化していくよ。学ぶ人は、変えてゆく人だと思うんだ」

 

 

そして、僕の机の所には、旺文社さんが発行している、しおりが貼りつけてあります。

そこにはこう書かれています。

目の前にある問題はもちろん、人生の問いや社会の課題を自ら見つけ、挑み続けるために人は学ぶ。

「学び」で、少しずつ世界は変えてゆける。

いつでも、どこでも、誰でも、学ぶことができる世の中へ。

本当に素晴らしい言葉だと思います。僕も毎日見ては、心を引き締めています。

 

 

もちろん、伝統や古き良き変わらないものの良さ、変わらないからこそ良いものもあると思います。

しかし、本当に「変わらなくていい。変わらないほうがいい」のと、「変わらなければいけないのに変われない」のは違うと思います。

 

そして、カエル先生から厳しい言葉を頂きますが、そんな厳しい言葉に落ち込まず、君の夢や目標をつぶそうとする大人の嫌みや攻撃は気にせず、前を向いて一歩前に!進んでくださいね。

(なあ自分さぁ、今日の自分と明日の自分が劇的に変わるなんちゅーことはないんやで。目に見えないような小さな小さな変化への挑戦が、積もり積もって、ある日、気が付いたら1年前、3年前の自分とは見違えるような成長をしているんが学んでいる人なんやで。人はすぐに、ちょっとやって”無理っす””向いてない。面倒くさい”って言いよる。ほんで、今日できる努力をサボりよるんや。毎日やで!今!この一瞬を、変化への挑戦にするんやで!それは意識することから始まるんやで!)

 

 

 

-全記事, 教育・受験

Copyright© 学びの総合情報サイト:まなびぃランド(ManabeeLand) , 2022 All Rights Reserved.